【効果はあった?】ユダヤ式記憶術の気になる口コミは?

【効果はあった?】ユダヤ式記憶術の気になる口コミは?

ユダヤ式記憶術の口コミをいくつかあなたに紹介します。

 

 

 

(Tさん 27歳)

 

このユダヤ式記憶術で、英語、ドイツ語に続いてフランス語も勉強中です。

 

 

今までたくさんの記憶術を見てきましたが、松平勝男さんのユダヤ式記憶術は、ただ頭に入れるだけじゃなく必要な情報を瞬時に思い出すことができるという点で、非常に優れていると感じます。

 

 

元々は、英語の習得にとても時間がかかってTOEICの点数も上がらずに困っていたのですが、この記憶術のやり方を試してからは、自分でもビックリするような速さでどんどん頭に入ってくるので、勉強していてとても楽しいです。

 

 

様々な勉強に応用できる方法なので、とても便利です。

 

 

 

(Aさん 17歳)

 

大学入試を控えているので、いい勉強法はないかとネットサーフィンしていたところ、このユダヤ式記憶術にたどり着きました。

 

 

始める前は模試の偏差値が41だったのですが、この記憶術で勉強してから半年後には偏差値58まで上がりました!

 

 

特に、苦手だった英語と日本史の成績が大幅にアップしたのがよかったです。

 

 

今までは暗記が大嫌いで勉強するのが憂鬱だったんですが、今では楽しみながらできるようになりました。

 

 

この勢いで志望校に合格できるよう頑張ります!

 

 

このように、ユダヤ式記憶術を使って効果があったという口コミがいくつも見られました。

 

 

この他にもいくつか気になる口コミがあったので、以下に私のコメント付きで掲載しています。

 

 

 

・この記憶術は、単に記憶が良くなるだけではなく、他にいろいろと好影響があるのがいいですね。

 

 

論理的な事柄を覚えるのに向いている記憶法だということで、実践していると自然と論理に強くなるようです。

 

 

論理に強くなれば、それぞれの試験勉強の本質的な理解ができることからも、試験に受かりやすくなると思えます。

 

 

**意味のつながりという理屈が無いものは短期間で必ず忘れますが、理屈があり、理解できたことは、意外と長期間覚えていられるものです。

 

 

ものごとを関連づけるということは、ものごとをよく理解するということです。

 

 

脳は理解していないことはうまく覚えられないのです。

 

 

ユダヤ式記憶術は、知識を関連づけし、理屈があり、理解しながら記憶していく方法ですし、ユダヤ式記憶術で使う体系化の図式は一種類のシンプルなものなので、長期間でも忘れません。

 

 

また、図式自体にも理屈があるので、理解してしっかり記憶することができます。

 

 

・ユダヤ式記憶術は、丸暗記でなく「生命の樹」の簡略図や表を使って覚えていくので、しっかりインプットできます。

 

 

この記憶術で覚えたものは忘れにくいですし、もしも忘れたとしても思い出すきっかけが容易なので思い出しやすいです。

 

 

**「ユダヤ式記憶術で使う体系図式はシンプルですが、ありとあらゆる要素がそこに含まれているので、もれなく全分野を網羅することができます」と著者の松平勝男さんは言っています。

 

 

この図式を使うと論理的な整合性が維持でき、論点に成り得ることも一通り押さえられているので、抜けがなくなるんだそうです。

 

 

試験という枠を超えたメリットの大きさこそが、ユダヤ式記憶術の本質なのです。

 

 

・こんなのが記憶に役立つ方法なの?という方法がいろいろ紹介されていますが、なかなか面白い方法もあるので興味深く実践できます。

 

 

**ユダヤ式記憶術は知識を関連づけし、理屈があり、理解しながら記憶していく方法です。

 

 

覚える事柄同士に意味のつながり(理屈)を持たせて覚えていきます。

 

 

意味のある関連付け、理屈のある関連付けを行うわけですが、それはものごとを互いに関連づければ覚えやすくなるからなんですね。

 

 

・ユダヤ式記憶術のトレーニングをしているうちに、記憶力が飛躍的に伸びてきた事を実感しました。

 

 

試験に受かるためだけではなく、この記憶術はこれから一生役に立つと思います。

 

 

**著者の松平さんは、「記憶術を使って試験に合格することは大事なことですが、その後で社会でも活躍することが最も大事だ」と考えています。

 

 

試験勉強というものは、通常は数ヶ月から場合によっては数年かかるという長期戦ですよね。

 

 

覚えたことをいかに長い期間、頭の中に保持できるかが問題ですが、ユダヤ式記憶術では長期間の記憶が可能です。

 

 

また記憶術の方法論は、一生使える武器になります。

 

 

・ユダヤ式記憶術は長期間忘れない方法であり、かつ思い出すのにも強い方法です。

 

 

思い出すきっかけをたくさん持っている図式としての仕組み作りがされているので、誰でもできるし、特別な才能は必要ない上に非常に奥が深いです。

 

 

**ユダヤ式記憶術の体系図は、たった1種類の決まった図式しか使いませんし、図式の形も比較的シンプルなものです。

 

 

そのため、一定の論理力が発達していれば、使える図式だと言えます。

 

 

一度覚えてしまえばずっと使えるし、使えば使うほど上手に使えるようになってきます。

 

 

・なかなか覚えられないことがコンプレックスになっていましたが、記憶術を身に付けてからは、大方の分野で一定の時間内に習得できる自信が付きました。

 

 

自信を持てることは、大きな財産になりますね。

 

 

それからは、どんな課題でも前向きに取り組めるようになり、何事をするにしても効率的に出来るようになりました。

 

 

**ユダヤ式記憶術の方法は、読んだその日から使ってみて効果があらわれるというものです。

 

 

つまりこれは、記憶するのに一番合理的でラクな方法だからなのです。

 

 

習得が早くできるので、自信につながります。

 

 

ユダヤ式記憶術の口コミ

 

 

 

【必見!】私が実際にユダヤ式記憶術を実践してみた結果をあなたにお伝えします。

 

 

試験に受かるユダヤ式記憶術のレビュー・ネタバレ・内容・やり方について

 

 

 

 

 

 

大学受験の勉強法ならこちらもおすすめです。

 

大平俊介の口コミ